食物アレルギーは成長すると治る?!

アレルギーイラスト

食物アレルギーは成長と共に治るものなのでしょうか?

乳児期や幼児期前半など、小さな年齢の時に発症した場合は、年齢が上がると共に比較的治りやすいと考えられています。

食べ物により治りやすさは異なり、鶏卵、牛乳、小麦、大豆は6歳くらいまでに約9割の子が食べられるようになるようです。

これは、成長することによって消化吸収の機能が発達することによるものだと考えられています。

しかし、個人差やアレルギーの程度もあります。

また、これに対し、幼児期後半以降〜成人のうちに発症した食物アレルギーは治りにくとされています。

いずれにせよ、発症の疑いがある場合は早めに専門医に相談する事が必要です。

人気ブログランキング
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です