アレルギーの原因としくみ

アレルギーの原因

アレルギー幼児

近年、アレルギーをもつ子が増えていると言われています。

そこで、アレルギーの原因について調べてみました。

アレルギーを引き起こすものを「アレルゲン」といいます。

このアレルゲンは生活しているうえで様々なところで発生します。

卵や牛乳、小麦などを代表する「食物アレルゲン」は、食べ物として人の体に入ってアレルギー症状を引き起こします。

最近では、果物や魚やピーナッツなどのアレルギーも増えているようです。

また、埃やダニ、花粉、動物の毛など・・・アレルゲンとなりうる物質はたくさんあり、人によって様々なのが現状です。

人によっては、複数のアレルゲンをもつこともあります。

また、年齢と共にアレルゲンが変化する場合もあります。

それを「アレルギーマーチ」といいます。

アレルギーの起こるしくみ

メカニズム

アレルギーとは免疫の過剰な反応による状態をいいます。

この免疫反応を「抗原抗体反応」といい、体内に入ってきたアレルゲン(=抗原)を抗体を作って排除しようとるす反応のことをいいます。

簡単にいうと、抗原抗体反応=ウィルス等をやっつける機能というわけです。

この働きが、必要以上に作用してしまったり、間違った働きをしてしまうことがあります。

そうなるとアレルギー症状が出てしまう結果となります。

では、なぜ間違った働きをしてしまうのか?

気になるところですよね!

私なりに調べて分かったことを書いていきます。

 正しい免疫の働き

   アレルゲン(抗原)が体内に入る

        ⇩

   アレルゲンの存在を免疫細胞がキャッチし、※ヘルパーT細胞に情報を伝達する

        ⇩※ヘルパーT細胞にはTh1 Th2の2種類がある

   アレルゲンを排除しようとT細胞が反応を起こす

        ⇩

   T細胞のうちのTh2細胞がB細胞に抗体を作るよう指示をだす

   (T細胞のうちTh1細胞はこの時、Th2細胞が働きすぎないように活動する)

        ⇩

   指示を受けたB細胞がIgE(アレルギー抗体)を作り出し、血液中に送り出す

        ⇩

   抗体が抗原にくっつき力を失わせる

 間違った免疫の働き

   アレルゲン(抗原)が体内に入る

        ⇩

   アレルゲンの存在を免疫細胞がキャッチし、ヘルパーT細胞に間違って情報を伝達する

        ⇩

   Th1細胞とTh2細胞のバランスが悪い(Th1細胞が少なくTh2細胞が働きすぎる)

        ⇩

   Th2細胞が必要以上の抗体をつくるようB細胞に指示をだす

        ⇩

   大量に作られたIgE(アレルギー抗体)は、行き場をなくし、マスト細胞にくっつきアレ

   ルギー症状を起こすスタンバイ状態となる

        ⇩※マスト細胞・・・白血球の一種。肥満細胞ともよばれ、ヒスタミンを放出することでアレルギー反応を引き起こす。

   再びアレルゲン(抗原)が体内に入る

        ⇩

   アレルゲンは、マスト細胞にくっついてスタンバイ状態のIgEにくっつく

        ⇩

   抗原抗体反応が起こり、驚いたマスト細胞はヒスタミンなどの化学物質を放出

        ⇩

   アレルギー炎症反応が引き起こされる  

まとめ

つまり、簡潔にいうとこういう事です。

間違った情報を受けた細胞が、過剰なアレルギー抗体(IgE)を作ってしまう。

行き場を失った抗体がある細胞とくっつき、反応を起こし、化学物質を放出し

てしまいアレルギー反応を起こしてしまう。

本来は体を守るための免疫ですが、過剰反応してしまうとアレルギーが起きてしまうのです。

まずはどういうふうにアレルギー反応が起きてしまうのかを知ることは、とっても大切だと思います。

正しい知識をもって、食物アレルギーを持つ子供たちとの生活に役立つようにしたいです!

アレルギーの原因

人気ブログランキング
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です